10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • 本 新田次郎 「孤高の人」 甘納豆&揚げ乾し小魚
    Rei (06/10)
  • 本 新田次郎 「孤高の人」 甘納豆&揚げ乾し小魚
    mumu (06/07)
  • 相方のお弁当
    ろうじんぐま (09/19)
  • 映画 「ペーパームーン」 コニーアイランド(ホットドック)
    老人熊 (09/19)
  • サングリア 「ひやしあめ」 「あめゆ」
    Rei (09/09)
  • サングリア 「ひやしあめ」 「あめゆ」
    cyu_bow (09/08)
  • 「Patissieria」 新宿 高島屋 ケーキ
    Rei (08/24)
  • 本 「ヤー・チャイカ」 池澤夏樹 シャシリク
    Rei (08/24)
  • 本 「ヤー・チャイカ」 池澤夏樹 シャシリク
    cyu_bow (08/24)
  • 「Patissieria」 新宿 高島屋 ケーキ
    cyu_bow (08/23)
MOBILE
qrcode
OTHERS
アクセスカウンター
ブログ村ランキング参加
読書感想 ブログ村
アマゾン
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 相方のお弁当 | top | 「Kiriy's Fresh」 成城学園前 ハンバーガー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
本 「ヤー・チャイカ」 池澤夏樹 シャシリク
● 池澤夏樹 「ヤー・チャイカ」

この「ヤー・チャイカ」は「スティル・ライフ」の文庫本に収録されています。

「スティル・ライフ」にはとても印象的な雪が降る描写がありました。
幻想的でとても素敵です。

でもどちらかというと「ヤー・チャイカ」の方が好きです。
主人公の文彦とその娘カンナ、知り合ったロシア人クーキンとの交流の合間にカンナと恐竜の話が挟み込まれています。


★でてくる料理、食材で気になったもの

クーキンがロシカ人なのでロシア料理がいろいろでてくるかなぁと思いましたが、ロシア料理は文彦とクーキンの会話の中にだけちらっと出てくるだけです。
でも気になったものがありました。

「〜いずれ、イルクーツクの料理店でシャシリクでもおごっていただくから。」
「あれはカフカスの料理ですよ。シベリアにはない。〜」

ロシア料理は何度か食べた事があるけど「ピロシキ」「ボルシチ」「ビーフストロガノフ」「つぼ焼き」「ロシア紅茶」「黒パン」くらいしか思い浮かびません。


「シャシリク」?

ロシアやウクライナなど旧ソ連圏で人気のあるバーベキュー、肉の串焼き、焼肉料理、ロースト料理である。

起源はカフカス(コーカサス)地方のケバブが、サハリンを含む旧ソ連各地域・各国など全域に広がったとされる。シャシリクに用いる肉はもともとはラムやマトンの腎臓や肉であったが、牛肉、豚肉、羊肉(ラムやマトン)、鶏肉、さらにはチョウザメなどの魚肉まで、さまざまな肉類で、地方ごと、あるいは宗教や伝統に応じて食べられている。レシピも多く、家庭に伝わる秘伝がある場合もある。

共通する特徴は、酢やワイン、オリーブオイルなどを混ぜたものに、ニンニク、タマネギ、黒胡椒、クローブなどの香辛料やハーブ、塩などを調味料として長時間漬け込んだものを用いるところ。旧ソ連各地では、ハイキングや野外パーティーなどで人気のあるご馳走として定番となっている。

(ウィキペディアより)


気になったのでロシア料理店に行って食べてみました。


渋谷「ロゴスキー」
もともとは1951年創業の日本初のロシア料理店との事。
今は渋谷の東急プラザにあります。

食べたもの
「ペリメニー」(ロシア風水餃子のようなもの) 940円
「コーカサス風羊の串焼き」(シャシリク) 1360円
「ビーフストロガノフ」 1680円
「クワース」(黒パンなどを発酵させて作る微炭酸の清涼飲料) 520円
など。

店内の様子です。
ロゴスキー

「ペリメニー」レモンとバターのソースがこってり。
ペリメニー
横にちょっと写っているのが「クワース」。

手前が「シャシリク」、奥が「ビーフストロガノフ」です。
シャシリク


羊肉が大好きなのでこの「シャシリク」は最初のひとくちから「美味しい、美味しい」とずっと言いながら食べていました
他の料理もまぁ美味しかったのですが「シャシリク」最高!

あ、「クワース」は微妙です。
うす〜くなった黒ビールと言う感じで一度体験すればもういいです・・・

この日はあまりお腹が空いていなかったのでこれだけですが、どの料理もなかなかおいしかったので「ボルシチ」か「ピロシキ」も食べたかったです。
お土産にボルシチの缶とレトルトが売っていたので買ってみればよかった〜。













Rei | 本にでてくる食べ物 | 12:47 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 12:47 | - | - | pookmark |
Comment
ロシア料理といえば 今はないけど
新宿の「ペチカ」にバイキング
ランチ食べによく行きました
とくに美味しいわけではないけど
いろんな人を誘って食事してました
ロシア料理ってゆうのが
いいんですよねぇ

posted by ろぷじんぐま ,2010/08/11 5:50 AM

普段はめったに食べないけど、食べてみると結構何食べても好きかもって思います。

まぁ私の場合、どこの国の料理でも好きですが・・・

「ペチカ」は行った事ないです。
もうないんですね。
なんとなく名前は聞いた事があるという程度です。

posted by Rei ,2010/08/11 8:53 PM

ロシア料理大好き!
大阪梅田大丸の上にあるロシア料理店バイカルに父とよくいきました。今はもう撤退したみたいで〜
懐かしい。
ロシア料理ってこってりしてて秋〜冬には食べたくなるよね〜
しかし奥が深い!シャクリクなんて知らないなあ。
多国籍料理は楽しいね!

posted by cyu_bow ,2010/08/24 2:59 PM

bowさん

うん、うん。
確かに秋冬にぴったりかも。
たまに食べると、もっと頻繁に食べてもいいのになぁと、意外と好きな事に気が付きます。

posted by Rei ,2010/08/24 6:17 PM










Trackback
URL: