12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • 本 新田次郎 「孤高の人」 甘納豆&揚げ乾し小魚
    Rei (06/10)
  • 本 新田次郎 「孤高の人」 甘納豆&揚げ乾し小魚
    mumu (06/07)
  • 相方のお弁当
    ろうじんぐま (09/19)
  • 映画 「ペーパームーン」 コニーアイランド(ホットドック)
    老人熊 (09/19)
  • サングリア 「ひやしあめ」 「あめゆ」
    Rei (09/09)
  • サングリア 「ひやしあめ」 「あめゆ」
    cyu_bow (09/08)
  • 「Patissieria」 新宿 高島屋 ケーキ
    Rei (08/24)
  • 本 「ヤー・チャイカ」 池澤夏樹 シャシリク
    Rei (08/24)
  • 本 「ヤー・チャイカ」 池澤夏樹 シャシリク
    cyu_bow (08/24)
  • 「Patissieria」 新宿 高島屋 ケーキ
    cyu_bow (08/23)
MOBILE
qrcode
OTHERS
アクセスカウンター
ブログ村ランキング参加
読書感想 ブログ村
アマゾン
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 本 「しゃぼん玉」 乃南アサ 菜豆腐 | top | 本 垣根涼介 「真夏の島に咲く花は」 ココンダ・サラダ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
本 高村薫 「レディ・ジョーカー」ポークビーンズ缶
● 高村薫 「レディ・ジョーカー」

高村薫の作品は好きでだいたい読んでいるつもりだったけど、この作品はなぜか未読だったのでした。

なんだか話の面白さよりも、合田刑事と加納検事の関係の方が気になってしまい、最後の方ではやっぱりそうだったのかぁ・・・という感じ。
高村作品はなんだか男同士の微妙で繊細な関係が多いような気がします。

本作でもでてくる高村作品特有の細かすぎる専門的な描写は軽く斜め読みで・・・

そういえば作品中「レディ・ジョーカー」を「LJ」と略する事が多いのだけど、どうしても「レディ・ジョーカー」と言うより、「レディ・ジェーン」と頭の中で変換してしまうのは私だけでしょうか?



★出てくる料理、食材で気になったもの

ひとまず気になった食べもの描写はこの3個所です。

誘拐された日之出ビール社長の城山が犯人たちから与えられる食事。
「〜紙パックのフルーツ牛乳ヤオレンジジュースやウーロン茶。食い物は握り飯のほかあんパン、クリームパン、缶詰のポークビーンズ、マッチ箱ほどのプロセスチーズ、バナナ、ミカンなどだった。」


城山は仕事の合間に自社ビルのレストランから食事を取り執務室で食事をする。
「〜もともとは、ザワークラウトと男爵イモを骨付きの塩豚の塊とともに白ワインで煮込んだものだが、城山のために豚の塊は抜いてあり、ネズの実入りの真っ白なザワークラウトが小ぶりの一山、ほくほくに煮上がって粉をふいたジャガイモが一つ、バター煮のサヤインゲンが少々、熱々の湯気を立ててマイセンの皿に載っていた。いつもの盛りつけ、いつもの量だった。〜」


刑事合田の元義理兄である検事加納が、合田の部屋を訪れ作った料理は・・・
「〜加納は台所の食卓に、京都の絹ごし豆腐、青々と茹でたほうれん草、生姜をのせた焼きナスビ、体長六センチほどの銀色の極上のうるめ干しを並べた。おおよそ男の独り暮らしではお目にかかれない、端正な献立だった。〜」


ザワークラウトや加納検事の料理の方がおいしそうなんだけど、今回は城山社長が誘拐された時に与えられたポークビーンズをチェックしてみました。


ポークビーンズと言われてすぐに浮かんだのはメキシコ料理などのチリビーンズ。
缶詰という事なので近所で探して手に入れたのはこの3缶。


先ずは比較的どこのスーパーにも置いてあるこちら。
右がアオハタ、左はホーメル。

ポークビーンズ

「アオハタ ポークアンドビーンズ」(日本)220g
ポークビーンズ

見た目は私の考えるポークビーンズより色が薄いです。
初めて食べたのですが、「甘い!」
エスニックな感じのポークビーンズしかしらないのでこの甘さには驚いてしまいましたが、不味いわけではないのです。
かと言ってもっと食べたいと言う程でもなく・・・
とにかく甘い。
豆は白いんげん豆です。


次は「ホーメル ポークウィズビーンズ」(アメリカ)425g
ポークビーンズ

こちらは見た目も味も私が想像したままのポークビーンズという感じ。
豆は赤インゲン豆でポークもちらほら存在します。
スパイシーでこのままサルサチップと共に食べたり、ホットドックやベイクドポテトにかけたくなるような味でした。
チーズも合いそう。


そして最後はこちら「ヴァン・キャンプ」
ポークビーンズ 

ポークビーンズ

2缶目と同じタイプに見えますが・・・これまた甘い!!
ものすごく甘い!
それにポークがほとんど見当たりません。
豆は白いんげん豆。
怪しげな白い物がほんの少しだけ入っていて、それは肉なのか肉の脂身なのか(白いから)何か違う食材なのかよくわかりませんでしたが、肉でないとすると「ポーク」は何処へ行ったの?となるので、やはりあれが肉なのでしょうか?
アオハタ缶が甘くていまいち好きではないと思っていたけど、この缶と比べればずっと美味しく感じました。


結果私としては「ホーメル」のものが一番イメージ通りで美味しかったです。


が、「レディ・ジョーカー」的には犯人達が輸入物のポークビーンズ缶を調達するとは思えないので、城山が食べたのはアオハタのポークビーンズ缶だと思います。








Rei | 本にでてくる食べ物 | 07:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 07:47 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: