06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • 本 新田次郎 「孤高の人」 甘納豆&揚げ乾し小魚
    Rei (06/10)
  • 本 新田次郎 「孤高の人」 甘納豆&揚げ乾し小魚
    mumu (06/07)
  • 相方のお弁当
    ろうじんぐま (09/19)
  • 映画 「ペーパームーン」 コニーアイランド(ホットドック)
    老人熊 (09/19)
  • サングリア 「ひやしあめ」 「あめゆ」
    Rei (09/09)
  • サングリア 「ひやしあめ」 「あめゆ」
    cyu_bow (09/08)
  • 「Patissieria」 新宿 高島屋 ケーキ
    Rei (08/24)
  • 本 「ヤー・チャイカ」 池澤夏樹 シャシリク
    Rei (08/24)
  • 本 「ヤー・チャイカ」 池澤夏樹 シャシリク
    cyu_bow (08/24)
  • 「Patissieria」 新宿 高島屋 ケーキ
    cyu_bow (08/23)
MOBILE
qrcode
OTHERS
アクセスカウンター
ブログ村ランキング参加
読書感想 ブログ村
アマゾン
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
本 沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」 エビのシチュー
●沼田まほかる 「彼女がその名を知らない鳥たち」

ここ1〜2年?大人気の沼田まほかる本。
「痺れる」以外はだいたい読んだかな?


主人公、十和子と暮らす陣治。
食事の用意をしたり、何かと十和子に尽くす陣治ですが、品のない陣治の食事の仕方などが始めの方でさんざん描かれます。


★でてくる料理・食材などで気になったもの

いちばん驚いたのはこの一文です。
「バターを塗ったトーストにさらにマヨネーズをつけ、コーヒーに浸して食べる。」
う〜ん、これは試せない・・・コーヒーは無理〜!

陣治が作る料理は例えばスキヤキやトンカツ。
作れない時はファストフードやお弁当を買ってきたり、そとに食べに行ったり。
1回だけ十和子が料理を作った描写もあったと思います。


今回はエビのシチューを作ってみました。

「〜喘ぎが治まると、シチュー皿の中身を白飯の皿にあけて、スプーンの背でジャガイモをつぶしながら念入りに混ぜ合わせる。」

〜略〜
「〜その上にさらに脂っぽい唇を押し当ててビールを流し込んでから、飯粒とシチューにまみれたエビを器から取り上げて殻を剥きはじめる。」
と続くのですが、ここであれ?と思うのは、エビのシチューで殻つき?と言う事です。
普通シチューにするなら殻は向いてあると思うのです。
陣治が作った料理だからって事であえて殻つきにしたのかしら?

シチューを食べながら、殻をむくのは嫌だったので1尾分だけ殻を付けたままにしてみました。

エビとブロッコリーのシチュー
エビのシチュー

やっぱりエビの殻は向いて作った方がよいと実感しました。





Rei | 本にでてくる食べ物 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本 新田次郎 「孤高の人」 甘納豆&揚げ乾し小魚
●新田次郎「孤高の人」

実存した登山家の加藤文太郎をモデルにした小説。
(ずっと「ふみたろう」だと思っていました・・・・「ぶんたろう」)

とても面白い山岳小説で人物描写もたいへん興味深かったです。


「〜浜坂から送られて来る、干魚をひまさえあれば、ぼりぼり食べていた。」

文太郎は普段から乾し小魚をポケットに入れ暇あるごとにぼりぼり食べていたとの事。

はじめの頃は米を持って行って飯盒で炊いたり、カマボコとバターでスープを作ったり。
他にもいろいろ試していて、ドーナツとチーズ、揚げた麦饅頭、乾し小魚、バター、甘納豆などなど。

最終的には行きつけの菓子屋で甘納豆を買い、乾し小魚を揚げてもらい、ポケットの中に甘納豆と揚げた乾し小魚をたっぷりと入れて「行動食」としていたようです。

「コッフェルで湯をわかし、その中へ甘納豆を入れた。即席のゆであずきを主食に、油であげた乾し小魚を食べた。」

こんな風にアレンジもできるのですね。


何度も「甘納豆&乾し小魚」がでてくるので食べたくなります。



と思って食べてみたけど、甘納豆あまり好きじゃないのでした・・・







Rei | 本にでてくる食べ物 | 17:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
本 角田光代 「空中庭園」 茄子と鶏胸肉とトマトの炒めもの

●角田光代 「空中庭園」

映画になりそうな話だなぁと読んでいました。
映像が目に浮かぶ〜。
(実際に映画化された小泉今日子主演の映画は未見)

それぞれの章の語り手が変わり、平凡な家族の内面が見えてきます。
面白かったけど、一人くらい平凡な毒のない人がいてもいいんじゃないかなって気が・・・
出てくる人みんな何か問題があったり、秘密があったり。

母、絵里子の章はあんまり面白くなかったなぁ。


★でてくる料理・食材などで気になったもの

息子の家庭教師であり、父親の愛人でもあるミーナが食材を買い、家で料理をする。

「必然的に夕ごはんは"茄子と鶏胸肉とトマトの炒めものになる。 〜略〜  光に目を細めてフライパンをふり、この具をオムレツ風に卵で包んだらいけるかもしれないと思いつく。挑戦してみるが包みこむのに失敗し、結局、鶏肉と茄子とトマトと卵の炒めもの ができあがる。」

この後、ミーナは電話で何を食べていたか聞かれ「鶏肉茄子トマトのバジル炒めオムレツ添え」と答えています。
なるほど、そうとも言えるなぁ。
そして電話の後、食欲をなくしたミーナは流しに料理を捨てるのです・・・・

捨てられた料理はこんな感じ?
バジルが生じゃないから色が悪いですね。


映画や小説でよく見かける、この料理を流しやゴミ箱に捨てる場面。
実際にこんな事めったにしないと思うのですがどうでしょう?
少なくとも私はまだ食べられる料理をこんなふうに捨てた事はないし、私の育った家庭ではありえないですね。
(夏場にいたんでしまった料理を捨てたりはあるけど)

食いしん坊の食べもの好きとしてはこのような場面を見たり、読む事は胸が痛くなってしまいます。



Rei | 本にでてくる食べ物 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モラタメで試した! カネハツ 「サラダに!まめ」
もう届いてからだいぶ経つのですが、便利な豆を試してみました!

カネハツの「サラダに! まめ」です。

1袋130gで73、5円。(送料込みで計10袋)
定価は138円です。
安〜い!!


豆


4種類の豆(赤いんげん、ひよこ豆、青大豆)がミックスされていて、サラダはもちろん、スープや炒めものなどに使っています。

あと1品なにか欲しい時にとっても便利です。

料理した画像はそういえば撮っていないので載せられませんが、やっぱりサラダに使うのがいちばん好きかなぁ。

4種類の豆の固さが微妙に違う所もいいです。



豆と言えばこんなのも大好き!





width="150" height="300" id="Fishes" align="">




type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="https://www.macromedia.com/go/getflashplayer" BASE="9e875b317b583d0f5c08a5d11582be39">

Rei | ちょっとした事 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古〜いトイレのレバー交換
築40年くらいのマンションのトイレのレバーを交換してもらいました。

緑青がふいてしまいレバーがとても固かったのです。
しかもぽたぽたと少〜し水漏れもありました。
子供がもう少し大きくなった時にこのままじゃ固くて自分でレバーを押せないかなぁと思ったのです。

本当はトイレ自体も替えたかったのですがとにかく古く、配管の問題もありかなり大がかりな工事になってしまうので諦めました。
高圧洗浄の度にどこかの部屋で水漏れがあるような建物なので配管をいじる事は危険なのです。

実際、洗面所で水漏れを起こした事もあるので・・・



        ↓



ピカピカになりました!!


フラッシュ弁(TH503N)13000円+出張費10000円+消費税1180円の計24780円。
ちょっと高いかなぁ・・・

ホームセンターでレバーだけ5000円くらいで売っていたっけ。
今回はレバーそのもののまわりもひと固まり交換してもらいました。

でも、一部分だけだけどこんなにきれいになり、しかもレバーってこんなにスムーズなんだ!とびっくりするほど軽くなりました!
替えてもらってよかったです。


次は壊れたままのインターホン交換かな。

古いマンションは直す所がいっぱいです!
Rei | ちょっとした事 | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本 角田光代 「八日目の蝉」 ふしサラダ
●角田光代 「八日目の蝉」

本を読んでから、映画をDVDで鑑賞。

映画の宣伝イメージが強かったから、主人公の希和子は永作博美の顔が浮かんでいました。


★でてくる料理・食材で気になったもの

気になった食べものは希和子と薫が小豆島で生活を始めてから登場する「素麺のふし」

「ふしはサラダになった。ざく切りにしたトマトとキュウリの上に、盛大にふしをのせ、醤油ドレッシングをまわしかけたものが、ハナちゃん作のサラダだった。」

このハナちゃんは「ふしでナポリタンやカルボナーラもつくれるんで」と言っている。

このふしとはこの本によると「素麺の端っこの、Uの字になった部分で〜〜」と説明されていますが、スーパーなどで見かけた事があります。


「ふしサラダ」作ってみました。

ふしサラダ

こちらはマヨタイプ。

ふしサラダ

本文にある通りだとこんな感じにできました。
でも、私がたまにつくるサラダ素麺のように、野菜は細切りにして素麺と混ぜた方が美味しいかなぁ。

映画にはこのふしサラダも作ったハナちゃんたちも出てきません。



映画で印象深かったのは、友人宅を出てラブホテルに行き、泣きやまない薫に希和子が駄目もとで母乳をあげようと試みるシーンです。
すごく共感できるシーンだった。
私も試してみると思うなぁ。











Rei | 本にでてくる食べ物 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
友人を亡くしました。
生まれて初めて友人を亡くしました。


同じ街に住み、まだ会ったことのないブロ友さんでした。

旦那さまを残して、あと2〜3週間ほどで生まれるはずだったお腹の子供と一緒にこの世を去りました。


彼女からの私の子育てブログへのコメントが急になくなり、旦那様が毎日更新していたブログも突然何も書かれなくなったのです。

1週間、2週間と経つにつれ嫌な予感がありました。

そして出産予定日に旦那様のブログの更新があり、私は何があったのか知りました。


元気な赤ちゃんを産み、楽しく子育てをする事が当たり前の事ではないと頭ではわかっていましたが、こんな事が身近で起きるなんて・・・

子供を産むって奇跡的な事なのですよね。


それからは毎日、何回も会ったことのない友人を想います。
毎日ただ一人残された旦那様の事を考えます。

会った事がなくても住所はわかっています。
手を合わせに行きたい気持ちもあるのですが、旦那さまを前に私にはどのような言葉をかけたらいいのかわかりません。
辛すぎて顔を合わせられません。


毎日自分は幸せなんだと感じるようになりました。


私の育児ブログの友達欄に彼女のアバターが登録されています。
毎日ブログを見るたびに彼女を思います。
そのままにしておくつもりです。


赤ちゃんと一緒に会いたかった。
おめでとうを言いたかった。


その育児ブログでは湿っぽい事やベタつく事は書かないのでここに書きました。
このブログは今はほとんど私のメモ替わりなのであまり見る人もいないでしょうから。


残された旦那様が生きる勇気を、生きる希望をほんの少しでいいから持ってくれたらと思います。

私には何もできません。

ただ毎日彼女の事を想うだけです。

残念な気持ちでいっぱいです。


ご冥福をお祈りいたします。
Rei | ちょっとした事 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初モラタメ! 貰った!!
モラタメで初めて当たったのがこちら。



「シャボン玉石鹸」の「無添加 ボディソープとファイシャルソープ(泡タイプ)」です。

1歳3ヶ月の肌の弱めな子供がいるのでちょうどいい!

普段は普通の固形石鹸を使っています。

早速使ってみましたが、ワンプッシュできめ細やかな泡がモワッと出てきて楽〜♪

結構高いので自分では買わないと思うけど、柔らかな泡で優しく洗ってあげられるのでベビーバス時代に使うと便利かも。
沐浴の時に泡だて不要ってすごく助かります。







width="150" height="300" id="Fishes" align="">




type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="https://www.macromedia.com/go/getflashplayer" BASE="9e875b317b583d0f5c08a5d11582be39">

Rei | ちょっとした事 | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本 樋口有介 「ピース」 ジジ焼き
●樋口有介 「ピース」

この作家は全然知らなかったけど、新聞広告が目について購入しました。
宣伝にちょっと騙された感じです。

秩父の山奥の村の様子や登場人物はいいのだけれど、犯人の動機がいまいち弱いような気がしました。
あそこまで執念深くやるかしら?

あとその殺人の方法が可能なら何でもありだなという感じで、そうだったのか〜とは思ったけどなんかずるいなぁと。


★でてくる食べもの・食材などで気になったもの★

主人公がスナック勤め(料理担当)なのでいろいろな料理がでてくるのは楽しかった。

・マスのマリネ
・ジジ焼き
・竹の子塩漬け
・きのこグラタン
・じゃが芋明太和え
・あんかけ豆腐
・里芋煮
・ネギ
・柿のベーコン巻き

などなど・・・


この中で一番気になったのは「ジジ焼き」です。

スナックのマスターの得意料理として紹介される「じじ焼き」
ジジ焼きってなんですか?という常連客の問いに対してマスターは・・・

「どっちかって言やお好み焼きに近いな。うどん粉に飯と味噌を混ぜて、具はまあ肉とか野菜とか、適当だ」
と答えています。 
調べてみました。



「ジジ焼き」

・群馬ではおやきを「じじやき」とも言い、小麦粉に水は一滴も加えず卵、牛乳、季節の香り野菜を入れ、味噌か塩で焼いたもの。

・小麦粉を水で溶いてフライパンで焼くだけ。
大分の方では黒砂糖などの甘いものを巻いて食べ、群馬のほうではごま味噌を付けて食べる

・ネギや味噌を塗って食べる地方もあるが、高崎市南八幡ではゴマ醤油です。

・群馬ではお焼きのことを「じじ焼き」と言い、小麦粉ベースに水を加えてウスターソスで味付け、好みで青海苔をかけました。 
具が入っていないもんじゃ焼きみたいなもの。

・具が入った薄焼きを「じじ焼き」と呼ぶ。

・小麦粉を溶いた中に桜海老とネギを入れて、味噌と少量の砂糖で味付けして焼いたもので、生地がしっかりしたお好み焼きみたいな感じ。


作る人・地方によって具や味付けにバリーエーションのある卵の入らない薄いお好み焼きだと思えばよさそうですね。


家にあったもので作ってみました。

ジジ焼き

具はひじきとニラです。
マヨ醤油で食べましたが美味しかったです。

ジジ焼き

何もない時のおやつや軽食にぴったりでいいですね。







Rei | 本にでてくる食べ物 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新宿 「クレッソニエール」 フレンチ ビストロ
前から気になっていた「クレッソニエール」でランチを食べました。
ランチは16時までやっているのですね。
15時頃だったので助かります。



この時間だとさすがに限定品のトマトの肉詰めランチはもうなく、1000円の日替わりランチを頼みました。
(この日は鶏ムネ肉のパイ包み焼き)



他の曜日のランチも美味しそう♪
いろいろ食べてみたいです。

パン1切れ、野菜いろいろスープ、卵やオリーブ、じゃが芋などが入ったミニサラダ、バターライス&パイ包み焼き、ラム酒のプディング、コーヒー。
これで1000円!

しかもコーヒーはお代わり自由だし、パンも言えばもらえるみたいです。

ただこの日の日替わりのパイ包み焼きの鶏ムネ肉はパサパサでかた〜い!
その点だけががっかりだったのです。


連れが食べたのはステーキランチで1400円。
こちらは日替わりのメインの料理が変わっただけであとは同じ。




パイ包み焼きのムネ肉は固くていまいちだったけど、それ以外は満足です。
他の曜日のものもみんな食べてみたくなる店です。
狭いけど落ち着くし、安いし、遅めの時間に行けば空いているので気に入りました。









「クレッソニエール」

TEL 03-3350-4053
住所 東京都新宿区新宿3-4-8 京王フレンテ新宿3丁目 B1F









Rei | こんな店で食べました | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/12PAGES | >> |